広告 FXトレード日記

主婦がFXで稼ぐトレード手法とは?10月2日(月)

このサイトは記事内に広告を含む場合があります

初心者におすすめのFX会社はこちら

2022年5月からFXを始め、ようやく安定して利益を出せる(負けない方法)が見つかりました。

自分の記録と初心者の方が実際どんな風にトレードしているかを肌で感じてもらえたらうれしいです。

本記事の信頼性
「こどもの将来に自由な選択肢を広げたい!」をモットーにブログを運営中。元金融機関出身の経験を活かし、投資のはじめ方やノウハウを配信しています。私のプロフィールはこちら

・時間軸はどんな感じで見ている?

・1日どれくらい利益が出ているのか。

・主婦がいつ取引しているのか。

初心者の時は、まったくわかりませんよね。

私も最初は同じでした。本やYouTubeを見ていても、よくわからないことが多く...

毎日どんなところでトレードしているかがわかると、ご自身のトレードの参考になります!

もし疑問なことがあれば、お問い合わせからなんでも聞いてくださいね。

一緒にトレードを頑張っていきましょう!!

「豪ドル/ドル」のトレード成績(東京時間)

「豪ドル/ドル」東京時間でのトレード成績は、「13pips」でした。

今月から新しい取り組み。「豪ドル/ドル」でのトレード。

普段はドル円、ポンド円でのトレードをメインにしておりましたが、他の通貨でもトレードが出来るように、自分に合った通貨ペアを発見しようという取り組みです。

正直、トレードの手法は同じ。

しかし、「豪ドル/ドル」の特徴は、ドル円とは違うと肌感で感じました。

長期足のトレンド手法

初めて「豪ドル/ドル」のチャートを見ました。

トレンドの捉え方はドル円と同じ。

昨日から下落トレンドでしたので、ショートをねらい。

私のルール

各市場(東京時間、欧州時間、ニューヨーク時間)で、1トレード!!

トレンドが強く出ているときは2~3回トレードすることもありますが、基本的にこのルールを徹底するようにしています。

日中は外出していることも多い、夕方は家事をしていることが多い、ニューヨーク時間は眠い...(笑)

1時間足トレードにはちょうどいいと思っています。

むきになってトレードすると、損失が出ることもあるので深追いしないようにしています!

「豪ドル/ドル」のFXトレード日記

初心者や仕事、育児、家事をしている方は、ドル円をおすすめしています。

取引量が非常に多く、「世界三大通貨」と呼ばれる米ドル・ユーロ・円のひとつだからです。

先進国の通貨であるため相場が安定しており、取引に関わる情報も取得しやすいです。

メリットデメリット
●相場が比較的安定している
●特徴がつかみやすい
●取引量が多く流動性が高い
●スプレッド(コスト)の幅が狭い
●短期間で大きく利益を出したい向かない。
取引量を増やす必要がある

本日のトレードは、「豪ドル/ドル」。

「豪ドル/ドル」は、豪ドル/円よりもメジャーな通貨ペアです。

世界的に見ると米ドルの取引量はとても多

取引量が大変多いため、長期のトレンド継続力がとても強い傾向があります。

たしかに、だらだらと同じ方向に向かう傾向がありますね。

また、オーストラリアは世界有数の資源国家のひとつ。

小麦や大豆、トウモロコシ、金・銀、原油、石炭、天然ガスなどコモディティ商品が非常に豊富です。

そのコモディティ商品の最大の輸出先が中国のため、貿易の観点から中国経済の影響をとても受けやすいです。

中国経済の影響は、豪ドルの変動要因となるので要チェックですね。

「豪ドル/ドル」東京時間のトレード方法

4時間足で、下落トレンドを確認。午前中はショートをねらいました。

1時間足、9時の時点で上髭ローソクを確認。

9時15分の足のローソク足が陽線+陰線確定後にエントリー。

直近の安値付近で利確しました。

初めての通貨ペアでしたので、ちょこちょこ利確しました。

FX初心者によくある質問

初心者がよく悩む質問をまとめてみました。

FXトレードとはどういう意味ですか?

FXとはForeign Exchange(外国為替)の略です。

日本円を米ドルに両替するように、ある国の通貨(お金)を別の国の通貨に交換することです。

FXの1ロットはいくらですか?

FX会社によりますが、1ロット=1,000通貨や10,000通貨が多いです。米ドル/円の通貨ペアで1ドル=100円、1ロット=1,000通貨だった時、

1ロットは1,000ドル=10万円を意味します。

FXトレード手法にはどんな種類がありますか?

FXでは運用時間別に、「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「ポジショントレード」の4つがあります。

FXのデイトレードでどの時間足を使うべき?

デイトレードで使用するチャートの時間足に絶対これといった決まりはありません。

ただ多くは、5分足~日足を使うことが多いです。でも必ず、月足や週足などの長期足も確認することをおすすめしています。

まとめ:「豪ドル/ドル」トレード成績は「13pips」

「豪ドル/ドル」東京時間のトレード成績は、「13pips」でした。

欧州時間にもトレード予定ですが、無理せずコツコツ積み上げていきましょう!!

今週もよろしくお願いします!

初心者におすすめのFX会社はこちら

あわせて読みたい
【2024年最新】FX会社のキャッシュバックはある?初心者におすすめの人気キャンペーン5選

続きを見る

あわせて読みたい
FX_start
主婦はFXやめたほうがいい?始め方を初心者向けにカンタンに解説

続きを見る

ランキング参加中

みなさんがポチっと押してくださるとはげみになります!

いつもありがとうございます。

ポチっとお願いします。

このサイトは記事内に広告を含む場合があります
    • この記事を書いた人

    元銀行員とんはる

    元大手金融機関出身のママ|こどもの将来に自由な選択肢を広げたい🌈をモットーにブログ運営中!|子供にたくさんの経験をさせるにはお金が必要|すでに投資を始めている人もこれから始める初心者さん🔰も賢くお得に資産を増やしていきましょ🌱

    -FXトレード日記