広告 お金の知識 新NISA

【定期預金より堅実なお金の増やし方】知らないと損する!お金の勉強をはじめましょう

本サイトにはプロモーションが含まれています
【定期預金より堅実なお金の増やし方】知らないと損する!お金の勉強をはじめましょう
悩む
悩む

定期預金の金利の低くて不満...

もっと堅実にお金を増やす方法はないか?

こんなお悩みを解決します。

本記事の信頼性

実は、定期預金以外にも、安全性が高くお金を増やせる方法があるんです。

正直、定期預金に頼るだけでは資産を十分に増やすことは難しいです。

一方で、投資信託や債券などの金融商品を賢く活用することで、安全性を維持しつつ、高い利回りを得ることが可能です。

今回の記事では、定期預金より堅実にお金を増やすための具体的な方法を、わかりやすく解説していきます。

ぜひ最後までお付き合いいただき、お金を賢く増やすためのヒントをつかんでいってください。

定期預金の課題と堅実なお金の増やし方の必要性

定期預金は、安定した利息収入が得られるものの、金利が低く、お金を十分に増やすことが難しいです。

例えば、楽天銀行の定期預金
100万円を1年間預けたらいくらになる?

2024年5月17日の定期預金の金利が「0.02%」
100万円を1年間預けても、100万160円
(利息は20.315%の税金がかかります。)

はる
はる

1年間預けても、160円しかお金は増えません。

そのため、定期預金だけに頼るのではなく、より堅実でお金を増やすことができる方法を探すことが大切です。 堅実なお金の増やし方を知ることで、将来に向けて安心できる資産形成が可能になります。

堅実なお金の増やし方①:つみたて投資信託

つみたて投資は、毎月一定額を投資信託などに投資していく方法です。

「つみたて投資信託」のメリットは?

少額から始められる
・時間分散効果でリスクを軽減できる
複利効果でお金を着実に増やせる

つみたて投資は、株式や債券などに分散投資することで、安定的にお金を増やすことができます。ただし、長期的に取り組むことが重要です。

投資にはリスクがつきものです。長期的に投資をすることによって、リスクを減らすことが出来ます。

堅実なお金の増やし方②:つみたて投資枠(NISAを活用)

上記で説明した「つみたて投資信託」の分配金や売却益には、約20%の税金がかかります。

投資をして10万円の利益が出た場合...

収益の20%が課税➡️受け取れるのは8万円

非課税制度(NISA活用)➡️収益は非課税のため、受け取れるのは10万円

2万円の差は大きいですよね!!

はる
はる

そのため、つみたて投資をする場合はNISAをフルに活用することが大事です!

「つみたて投資枠(NISAを活用)」のメリットは?

少額から始められる
運用益が非課税
・時間分散効果でリスクを軽減できる

長期的に積み立てることで、リスクを減らしお金を着実に増やすことができるでしょう。

堅実なお金の増やし方③:iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoは、自分で選んだ商品に投資し、老後の資金を準備する制度です。

「iDeCo(個人型確定拠出年金)」のメリットは?

・掛金は全額所得控除の対象になる
・運用益は非課税
・自分で商品を選べる

長期的な資産形成に適しているため、20代~40代の年齢が若いうちから始めることが大切です。

堅実なお金の増やし方④個人向け国債

個人向け国債は、国が発行する債券で、安全性が高い投資先です。

「個人向け国債」のメリットは?

元本が保証されている
・利息は定期的に受け取れる
少額から投資できる

安全性を重視する人におすすめの方法です。

まとめ:定期預金より堅実にお金を増やす方法4選

定期預金より堅実にお金を増やす方法として、つみたて投資、つみたて投資(NISAの活用)、iDeCo、個人向け国債の4つをご紹介しました。

それぞれ特徴やメリットが違います。

貯蓄する目的、リスクをどこまでとれるのか、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

投資の勉強をし、長期的な視点を持つことが、お金を着実に増やすために必要不可欠です。 定期預金に頼るだけでなく、堅実な方法でお金を増やし、豊かな将来を築いていきましょう。

ランキング参加中

いつもありがとうございます。ポチっと押してくださると励みになります!

本サイトにはプロモーションが含まれています
  • この記事を書いた人
元銀行員はる

はる

元大手証券会社・銀行員のママ|30代になると「教育資金」「住宅購入資金」「老後資金」とおかねの悩みはつきません...だからこそ「おかね」との付き合い方を学ぶことが必要|こどもの教育資金・住宅購入ローン・老後4000万円問題について30代の今から一緒に考えてみませんか?

-お金の知識, 新NISA