広告 FX FXについて学ぶ

FXのニューヨーク時間とは?アメリカ市場の特徴と主婦におすすめのトレード方法

本サイトにはプロモーションが含まれています

初心者にもってこい!おすすめのFX会社はこちら

・FXは24時間取引できるけど、時間帯によって特徴はある?

・ニューヨーク時間は重要と聞くけど実際はどうなの?

悩む
悩む

今回はこんなお悩みを解決していきます。

※青字をクリックすると、読みたい項目まで移動できます。

本記事の信頼性

FXは、24時間・世界中で取引が行われています。しかし、その中でも特に活発なのが、アメリカ・ニューヨーク市場の取引時間です。

ニューヨーク時間の取引は、他の主要な取引市場、特にロンドン市場との時間帯が重なることから、トレーダーにとって、大きく利益が取れることもありますが、注意も必要です。

ニューヨーク時間の特徴と戦略を理解すれば、時間帯の取り組み方が変わります。

各時間帯の特徴を理解し、利益を増やしていきましょう!

それでは、ニューヨーク時間とは何か、その特徴と効果的なトレード戦略について説明していきます。

アメリカ・ニューヨーク市場の重要性

FX(外国為替取引)は、国の通貨を別の国の通貨と交換することによる取引のことを指します。

この取引は、世界中の銀行や投資家が24時間、週5日間にわたって行います。それぞれの時間帯には主要な市場があり、その中でもニューヨーク市場は特に注目されています。

ニューヨーク市場とは?

ニューヨーク市場は、世界の外国為替取引の約20%を占めると言われています。

その理由は、アメリカが世界最大の経済大国であり、その金融政策や経済情報は、各国の通貨価値に大きな影響を及ぼすからです。

例えば、米国連邦準備制度理事会(FED)の金利決定や米国の雇用統計などの重要な経済指標が発表されると、その情報は瞬時に市場に反映され、通貨の価値が変動します。

さらに、ニューヨーク市場の取引時間は、ヨーロッパ市場の終わりと重なり、東京などのアジア市場の始まりと近いため、特に流動性が高いとされています。

これは、ヨーロッパからの情報がアメリカ市場に反映され、その反応が次の日のアジア市場に影響を与えると言われているため、ニューヨーク市場での取引状況を理解することは、その日の全世界の為替市場の動きを把握する上でも重要と言えます。

ニューヨーク、東京、欧州時間との比較

外国為替市場(FX)は、世界中の投資家が24時間取引を行うことが可能な市場です。

各市場は特定の「時間帯」で取引し、その中でもニューヨーク時間は非常に重要です。

東京・欧州時間とは?

ニューヨーク時間は、アメリカ標準時間(EST)に基づいており、UTC-5時間(夏時間適用時はUTC-4時間)で計算されます。

例えば、日本時間で言えば、ニューヨーク市場が開くのは冬季が午前10時、夏季が午前9時からで、これはアメリカ東部時間の午前8時から午後17時までとなります。

東京市場は日本時間の午前9時から午後3時まで(UTC+9時間)、ロンドン市場は英国時間の午前8時から午後4時まで(冬季UTC、夏季UTC+1時間)に取引が行われます。

そのため、ニューヨーク市場は東京市場が終わる時間帯と重なり、またロンドン市場とは大部分の時間帯で取引が重なります。

この時間帯の重なりが、ニューヨーク時間が特別な存在である理由の一つです。

価格変動が活発になるため、投資家にとっては大きなチャンスとなります。

ニューヨーク時間の特徴とは?

ニューヨーク時間帯の取引量、流動性、通常見られる価格の動きなど、ニューヨーク時間の特徴はこちら。

ニューヨーク市場の取引量とは?

ニューヨーク時間は、その取引量が世界最大となります。

この時間帯には、アメリカ市場だけでなく、ヨーロッパ市場の終わりも含まれ、さらに東京などのアジア市場の始まりも重なるからです。

そのため、一日の中で最も流動性が高く、価格の動きも活発になります。

流動性とは、市場で取引が活発に行われ、通貨の売買がしやすくなることをいいます。

ニューヨーク時間では、取引の参加者が多いため、大量の通貨が売買され、市場の流動性が高まります。

これにより、大きな取引でも価格に大きな影響を与えずに、スムーズに売買することが可能となります。

価格の動きの特徴とは?

ニューヨーク時間には重要な経済指標が発表されることが多いです。

アメリカの雇用統計やGDP(国内総生産)などのデータが公開されると、それらは短時間で市場に反映され、価格が大きく変動することがあります。

そのため、投資家が市場の動向を予測し、それに基づいて取引を行うことで利益を得るチャンスがあります。

しかし、大きく損をしてしまう場合もありますので、注意が必要でもあります。

私はニューヨーク時間はトレードしないことが多いです。自分の得意な時間帯を見つけましょう!

ニューヨーク時間におすすめの取引方法は?

ニューヨーク時間には、一日の中で最も取引量があり、価格の動きも大きくなることから、この時間帯を理解することが必要です。

重要な経済指標

ニューヨーク時間は、アメリカの重要な経済指標が発表される時間帯であり、これらの発表によって市場は大きく動く可能性があります。

このような重要なニュースが発表される前後での取引は、大きなリターンをもたらす可能性がありますが、同時にリスクも大きいので注意が必要です。

スキャルピング

ニューヨーク市場が開いている時間帯は、ロンドン市場の閉じる時間帯と一部重なります。

この時間帯は、世界の2つの大きな市場が同時に動いているため、非常に多くの取引が行われ、流動性が高まります。

そのため、スキャルピングがニューヨーク時間には適した取引方法となります。スキャルピングとは、数秒・数分単位といった短時間で売買を繰り返し利益を積み重ねていく手法です。

取引量の多いニューヨーク時間では、値動きが活発になるため、短時間であっても大きな利益を得られるようになっています。

トレンドに順張り(トレンドフォロー)

ニューヨーク時間ではトレンドが発生しやすく長続きしやすいため、逆張りせずにトレンドフォローしましょう。

トレンドフォローとは、トレンド(流れ)に沿って取引をするです。

その反対に、トレンドに逆らう形で取引することを逆張りと言います。ニューヨーク時間ではトレンドフォローが基本です。

理解して取引をすれば、より利益を出すことができますね!

ニューヨーク時間のトレードのリスクと注意点とは?

ニューヨーク時間のFX取引は、その活発な市場動向と価格変動から大きな利益を生む可能性がありますが、その一方でリスクも高まります。

ニューヨーク時間での取引における主なリスクと注意点について説明します。

ニューヨーク時間の取引におけるリスクとは?

ニューヨーク時間の取引における大きなリスクは、重要な経済指標による急激な価格変動です。

アメリカの重要な経済指標が発表されると、市場はその内容に応じてすぐに反応します。

これにより、短時間で価格が大きく動く可能性があります。

例えば、アメリカの雇用統計やGDP(国内総生産)の発表は、ドルの価格に大きな影響を与えることがあります。

このような急激な価格変動は、大きな損失を引き起こす可能性があります。

そのため、重要な経済指標の時間を事前に確認して、その結果が市場に与える可能性があるのかきちんと理解することが重要です。

注意点とは?

また、ニューヨーク時間の取引では、流動性が高いため、通常は注文がスムーズに執行されますが、市場の状況によっては、スリッページ(注文価格と実際の約定価格との差)が発生することもあります。

これは特に、価格が急速に動く重要な経済指標の時に起こりやすく、予想外の損失を引き起こす可能性があります。

ご自身の資金管理のルールを決めたり、トレードをしないと決めることも必要です。

経済指標の発表が終わって変動が落ち着いたところで、トレードするとリスク回避になりますよ!

まとめ

以上、ニューヨーク時間の特徴と戦略について解説しました。

ニューヨーク時間は、一日の中で最も活発なFX取引が行われる時間帯であるので、ロンドン時間や東京時間とは市場の動きが大きくなるという特徴があります。

また、ニューヨーク時間の市場は流動性が高く、価格の動きも活発であるため、短期間で大きな利益を得る可能性があります。

しかし、重要な経済指標による急激な価格変動や、スリッページといったリスクがあります。

きちんと資金管理のルールを決めることが重要です。

トレードをする前に、ニューヨーク時間の特徴を理解して、どんな値動きになるのかを確認してみましょう!

初心者にもってこい!おすすめのFX会社はこちら

ランキング参加中

いつもありがとうございます。ポチっと押してくださると励みになります!

本サイトにはプロモーションが含まれています
  • この記事を書いた人
元銀行員はる

はる

元大手証券会社・銀行員のママ|30代になると「教育資金」「住宅購入資金」「老後資金」とおかねの悩みはつきません...だからこそ「おかね」との付き合い方を学ぶことが必要|こどもの教育資金・住宅購入ローン・老後4000万円問題について30代の今から一緒に考えてみませんか?

-FX, FXについて学ぶ